黒 にんにく べちゃべちゃ

「黒にんにくを作ったらべちゃべちゃに・・」その原因と解決法

黒 にんにく べちゃべちゃ

 

 

黒にんにくを作ったらべちゃべちゃになってしまった!

 

黒にんにくを作ってみたいけど、上手にできるか心配!

 

という方はいないでしょうか?

 

 

そんな方のためにつぎのような記事をご紹介します。

 

 

この記事でわかること。
・黒にんにくがべちゃべちゃになった原因は?
・べちゃべちゃにならない解決法は?

 

 

黒にんにくを美味しく作りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

\黒にんにくの効果について詳しく知りたい方はこちら!/

 

 

黒にんにくがべちゃべちゃになった原因と解決法は?

 

黒にんにくがべちゃべちゃになる、原因は次の4点です。

 

 

原因1.生のにんにくを使った

 

通常、わたしたちがスーパーで買っているにんにくは乾燥処理がされています。

 

しかし5月ごろになると生にんにくと言うものが販売されるようになります。

 

この生にんにくはみずみずしくおいしいのですが、黒にんにくを作るのに使ってしまうと、そのみずみずしさが原因で、べちゃべちゃになってしまいます。

 

黒にんにくを作る場合は生にんにくは使わないようにしましょう!

 

生にんにくは茎の部分が長いのですぐに見分けることができます。

 

生にんにく

 

 

原因2.底に竹ザルや金網を敷いていない

生にんにく

 

炊飯器のお釜の底に竹ザルや金網を敷いていないと、にんにくから出た水分が釜の底に溜まった時に一番下のにんにくがべちゃべちゃになってしまいます。

 

必ず竹ザルか金網を敷きその上ににんにくをのせていきましょう!

 

 

原因3.クッキングシートやガーゼを使っていない

 

炊飯器の中にクッキングシートやガーゼなど水分を吸収するものが入っていないと、べちゃべちゃになってしまう場合があります。

 

炊飯器に、にんにくを入れたら上からクッキングシートやガーゼをかけておきましょう。

 

 

原因4.しっかりと乾燥していない

 

熟成が終了したあと、日が当たらない風通しの良い場所で乾燥させないと、べちゃべちゃになります。

 

丸1日ていど乾燥をしましょう(黒にんにくの出来具合により乾燥の長さは調節してください)

 

 

以上が黒にんにくを炊飯器で作る時にべちゃべちゃになる原因と、解決法です。

 

 

別の記事で黒にんにくの美味しい作り方もご紹介しているので参考にしてみてください!

 

 

黒ニンニクには、つぎのような素晴らしい効果があります。

 

 

自作の黒にんにくよりさらに高い効果や美味しさをお求めの方は↓をご覧ください!

 

⇒⇒⇒本当におすすめできる商品のご紹介

 

 

\人気の記事はこちら/