にんにく 五大 栄養素

にんにくに含まれる五大栄養素と、その他の栄養と効果について

にんにく 五大 栄養素

 

 

にんにくを食べると五大栄養素のうち何が摂取できるのか知りたい!

 

にんにくには五大栄養素のほかにどんな栄養があるか知りたい!

という方はいないでしょうか?

 

 

そんな方のためにつぎのような記事をご紹介します。

 

 

この記事でわかること。
・にんにくに含まれる五大栄養素とは?
・他にどんな栄養があるの?

 

 

にんにくに含まれている栄養について知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

 

 

にんにくに含まれる五大栄養素とは?

 

にんにくを食べることで、五大栄養素はどのくらい摂取できるんでしょうか?

 

にんにく(生)に含まれる100gあたりの五大栄養素

 

炭水化物 33.06 g
タンパク質 6.39 g
ビタミン ここに説明文を入力
βカロテン 5 μg
ビタミンB1 0.2 mg
ビタミンB2 0.11 mg
ビタミンB3 0.7 mg
パントテン酸(ビタミンB5) 0.596 mg
ビタミンB6 1.235 mg
葉酸(ビタミンB9) 3 μg
ビタミンC 31.2 mg
カルシウム 181 mg
鉄分 1.7 mg
マグネシウム 25 mg
マンガン 1.672 mg
セレン 14.2 μg
リン 153 mg
カリウム 401 mg

(引用:株式会社 岡崎屋 公式サイト)

 

ご覧のように炭水化物が多いことがわかります。

 

また、野菜の中ではタンパク質の量が多いのも特徴です。

 

 

他にはどのような栄養があるんでしょうか?

 

 

にんにくにはどんな栄養があるの?

 

にんにくには

・疲労回復

・がんの予防
・血圧の低下
・動脈硬化の予防

などの効果があります。

 

五大栄養素以外の特徴的な栄養もご紹介しておきます。

 

 

「アリシン」

 

にんにくには「アリイン」という栄養が含まれています。

 

「アリイン」は刻まれたり、すられたりすることで酵素と反応して「アリシン」という栄養に変わります。

 

「アリシン」はにんにくの独特のニオイの元となる栄養で、強い抗菌、殺菌作用があります。

 

適度に食べると健康にいいですが、食べ過ぎると腸内の悪い細菌だけでなく、良い細菌まで除菌してしまうため、食べすぎには注意しましょう。

 

 

スコルジニン

 

「スコルジニン」という栄養は、疲労回復効果があり、体の新陳代謝を促進します。

 

 

 

にんにくには、「元気」「健康」に効果的な栄養が含まれています。

 

そんな、にんにくは、高温で熟成し「黒にんにく」になることで、さらに「元気」「健康」「若さ」の効果が著しくアップします。

 

「黒にんにく」は実が黒くなりドライフルーツのように甘い味になりニオイが大幅に減ります。

 

 

\そんな黒にんにくについて知りたい方はこちらをご欄ください!/